韓国史劇

乱世の英雄であるイ・ソンゲ は朝鮮を建国した実在の人物[大風水]テプンス

大風水(대풍수)テプンス

スポンサーリンク

大風水(대풍수)テプンス

スポンサーリンク

キャスト

大風水 チソン テプンス

チソン /モク・チサン(ホン・デボク)役
風水師

ソン・チャンウィ/イ・ジョングン役
風水師、高麗最高権力者の息子

チ・ジニ/イ・ソンゲ役
朝鮮王朝初代王

キム・ソヨン/ユン・ヘイン役
チサンの師の娘

あらすじ

14世紀の高麗末期の物語です。

元の内政干渉に苦しむ時代背景があります。

そんな時に、あるお告げがありました。

「最高の土地 紫微垣局(しびえんきょく)が現れる」

書雲観(そうんぐあん)の風水師モク・トンニュンは、苦難の末にその 紫微垣局(しびえんきょく) を発見!

しかし、そこは50年後の大王のための吉地であった。

第31代の王様恭愍(こんみん)王(リュ・テジュン)は、 紫微垣局(しびえんきょく)をどうしても見つけたい。

しかし、トンニュンは隠し通しているので、トンニュンが思いを寄せている、ワン・ヨンジ(イ・スンヨン)を利用する。

王は、 紫微垣局(しびえんきょく) を利用して元と対抗しようと企てていました。

ヨンジの説得で紫微垣局の場所に向かうトンニュン

しかし、二人には計画がありました。

途中で、逃げ出したのです。

逃亡中に、ヨンジはトンニュンの子を宿します。

レビュー

大風水 チソン テプンス

私は、チソンが大好きです。

チソンは、時代劇でもとても素敵!

チソンの役名がチサンなのでちょっと混乱します。

最初は、ベテラン俳優が、名演技を繰り広げます。

途中から、チソン登場です。

チソンが生まれる前からの壮大な韓国歴史劇になっています。

時代は1342年。

この物語の始まりは、ある神女の言葉!

「ついにこの地にチャミウォングクが現れた」

紫微垣局(しびえんきょく) 韓国語では、チャミウォングク 자미원

これは、風水で完全無欠の吉地。

このチャミウォングクをめぐって、お話は進んでいきます。

乱世の英雄であるイ・ソンゲ は朝鮮を建国した実在の人物です。

しかし、チソンの活躍がほんとに素晴らしいドラマです。

製作費

なんとっ!17億円!

ドラマに17億円です。

脚本は、パク・サンヒとナム・ソンニョン

この二人のことは、私はあまり知りませんでした。

壮大な大スペクタクルドラマを見事に書き上げています。

実は、私は、20話まで一気に見てしまいました。

それほど、ハマるドラマです。

ところで、朝鮮王朝初代の王、イ・ソンゲを演じているチ・ジニさん。

王様の役がぴったりですよね?

トンイ(2010年ドラマ)でも王様の役をされていました。

代表作は、もちろん 「宮廷女官チャングムの誓い」

イ・ヨンエさんとの共演でした。

韓国では、CMにもよく出ているそうです。

世界中でチャングムは見られたので、国民的スターなのでしょうね。

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST