復讐劇

記憶喪失子供を失う孤児院育ち前髪パーマのオ・スンナム

韓ドラ 白詰草-しろつめくさ(オ・スンナム)

スポンサーリンク

全120話

2017年

平均視聴率 12、1%

脚本 チェ・ヨンゴル

[白詰草](シロツメクサ)キャスト

オ・スンナム パク・シウン

カン・ドゥムル  ク・ボンスン

チャ・ユミン チャン・スンジョ

ファン・セヒ ハン・スヨン

スポンサーリンク

韓ドラ、王道。出生の秘密、記憶喪失てんこもり。

白詰草のあらすじ

書堂(礼儀作法などを教える韓国独特の塾)の女性書堂長オ・スンナムが主人公です。

この書堂の嫁です。

しかし、ある女性のせいで突然すべてを奪われてしまいます。

スンナムは、子供の時に事故にあい、記憶喪失になってしまいました。

だから、子供時代の記憶がありません。

もともと、裕福な生まれで、両親と弟と4人で暮らしていました。

ところが、ある男のせいで、父が殺され、なんと何も知らない母は、そのある男と結婚をしてしまいます。

子どもたちのことが忘れられない母は、養子を育てます。

それが、ファン・セヒ。

母に愛してもらいたいのに、母は、自分のことを亡くなった子供の代わりだと思っていると、妬みます。

ファン・セヒは、心がねじ曲がって育ってしまいます。

そのファン・セヒのせいで、スンナムは、すべてを失います。

そして、復讐の鬼と化して行く。

[白詰草](シロツメクサ)レビュー

韓ドラ 面白い 白詰草-シロツメクサ(オ・スンナム)

私は、1か月に60枚DVDを見ています。

シロツメクサは、一気に全話をレンタルして、短期間で観終わりました。

このシロツメクサは、1話観ただけでも

かなり 面白い展開!

ぞくぞくしますよ

予告でほとんど ネタバレなんですけど・・・

どうやら、夫に裏切られた上に、夫を奪った、財閥の令嬢に家族を奪われたようです。

いつものように財閥の令嬢は

「わたしは殺してないっ!」

って 叫びまくってましたが・・・・

そのうえ、ヒロインの生い立ちも複雑なんです。

ヒロインは記憶喪失なので、幼いころのことを全く覚えておりません。

視聴者である私は知ってますけどね・・・・

なかなか、複雑なドラマです。

途中からのレビューです。

韓ドラ 面白い 白詰草-シロツメクサ(オ・スンナム)

ク・ボンスンが出てきたあたりのレビューです。

結局、ク・ボンスン(書堂に自分の子供を預けている父親)がスンナムを陰になり日向になり支えてくれるのですが、

どうしてもビジュアル的に・・・・。

どちらかというと、妻子を捨て、悪魔の化身のようになっていく元夫、

ユミンのほーが私好みなのです。

そこんとこがちょっと気になりつつ視聴してきたのです。

しかし、良くしたもので、ボンスンがカッコよく見えてきました。

そして、ユミンの顔が憎たらしく見えてきたのです。

すでに、もうユミンの顔も見たくないほど、嫌いになりました。

全部で120話の長丁場です。

しかし、ファン・セヒの悪事はことごとくバレていき、ちょっとすっきりする場面も出てきました。

とにかく、ここまで、やられっぱなしです。

スンナムのヘアースタイルが変わるまでは、視聴者も我慢に我慢を重ねなければなりません。

これから、どうやって仕返しをしていってくれるのでしょうか?

「福寿草」「棘(トゲ)のある花」演出家 チェ・ウンギョン

「偽りの雫」脚本家 チェ・ヨンゴル

「黒の旋律」演出家 キム・ヨンミン

達による復讐ドラマヒットメーカーが生みの親です。

それ相応のことをしてくれることを期待しています。

間違ってもセヒが改心して、いい人になんかにならないでほしいです。

悪女は死ぬまで又は、刑務所に入って無期懲役になるまで、

悪女でいなくてはなりません。

韓ドラ 面白い 白詰草-シロツメクサ(オ・スンナム)

しかし、子供がいるのか・・・・。

それは、かわいそうかもしれませんね。

あんな女でも、子供にとってはたった一人の母親です。

亀をかわいがる純真な男の子・・・この子をこれ以上悲しませるわけにはまいりません。

しかし、こっちは、子供を殺されているのです!

うーん悩ましいところです。

ところで、このスンナムの母親役のキム・ヘソンさんは、「チョンダムドンスキャンダル」で、世界最大の悪女を演じていた方です。

その方が、今回は、なんと優しいお母さまに・・・。

さすが大女優です。

ユミンの母親の、クム・ボラさんもうまいです。

主役のパク・シウンさんは、「棘のある花」で、すばらしい演技をされました。

しかし、今回のオ・スンナムは、脇役の役者さんに飲み込まれてしまってたように思えました。

主役があまり光らないドラマです。

脇役が上手すぎました。

とくにファン・セヒ!!

最初は、悪役にしては、線が細いと感じましたが、どうして、どうして!

考えられないほどの、悪女ぶりです。

わが子よりも、自分が大事。

すべて人のせい。

自分は、一切悪くないっ!!

どこまでやるのでしょうか?

120話と長いドラマです。

しかし、長さを感じさせません。

次が知りたくて知りたくて、たまらなくなります。

どんどん、ハマっていきますよ♪

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST