韓国史劇

古典的なヒーローを時代劇に | 美しすぎるイ・ジュンギ

韓ドラ イルジメ~一梅枝~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラマの概要

「朱蒙」から「太王四神記」「イ・サン」まで、歴史の英雄がスポットを浴びる昨今の韓国時代劇ブームの中、2008年、新たな流れが生まれた。

庶民から生まれた庶民のための英雄の登場!

「快刀ホン・ギルドン」に続き「イルジメ[一枝梅]」という、韓国でよく知られた古典のヒーローを題材にした時代劇がヒット。

義賊チームが活躍する韓国版“必殺仕事人”「必殺 最強チル」も話題を呼んだ。

特に「イルジメ」は、ソン・イェジン×チ・ジニの「スポットライト」、キム・ジス×ハン・ジェソク「太陽の女」という大物スターのブラウン管復帰作が並ぶ同時間枠において、放送第1話より視聴率第1位を独走。

20%を超える平均視聴率を維持し、最終回には最高視聴率31.4%を打ち立て、2008年の大ヒットドラマとなった。”

引用公式より

脚本 チェ・ラン

キャスト

イ・ジュンギ ヨン、イ・ギョム イルジメ

パク・シフ ピョン・シフ チャドル

ハン・ヒョジュ ウンチェ

イ・ヨンア ポンスン

イ・ムンシク ナ・セドル

韓ドラ イルジメ~一梅枝~

レビュー

なんといってもセドルが最高です!

もちろん!

主役のイ・ジュンギがかっこいい。

パク・シフも哀愁があってとても良いのですが、セドルから目が離せません!

親からはぐれ、記憶喪失になった子供にヨンと名付け、いかなる時も子供を信じて、惜しみない愛情をそそぐ情のあつい男です。

イルジメとは中国から朝鮮半島に伝わり語り継がれた古典の義侠的盗賊=義賊で、日本で言えば鼠小僧、海外ではルパンやゾロといった怪盗のイメージです。

これまで、韓国ではまんがや、いろんな形でイルジメを描かれてきました。

しかし、こんな斬新で美しくも魅力的なイルジメは初めてだったと思います。

10億ウォン(約1億1400万円)をかけて作られた提川(チェチョン)のオープンセットを初め、美術や衣装、音楽などすべてが幻想的ですばらしいです。

イ・ジュンギの近況

2020年現在の、イ・ジュンギさんは、 2018年ドラマ「無法弁護士~最高のパートナー」 2019年「クリミナルマインドin KOREA」に続くドラマ「悪の花」の出演が決まりました。

2019年の「クリミナルマインド」のイ・ジュンギさんは、ダイエットをしたのかすごくシャープでした。

期待していたほどの激しいアクションはありませんでしたが、クールなプロファイラーを演じてくれました。

私は、アメリカ版のクリミナルマインドも観ていました。

アメリカ版には、イ・ジュンギさんの役のような人はいなかったような・・・。

IQ187のリードでしょうか?

イ・ジュンギさんの演技がとても光っていたので、私としては、アメリカ版よりも韓国版のほうがよかったと思います。

夜中に観ていたので、アメリカ版の「クリミナルマインド」は、悪い夢を見そうでほんとに怖かったです。

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST