ヒューマンドラマ

医療ドラマ[外科医ポン・ダルヒ] | 善徳女王のイ・ヨウォン主演

スポンサーリンク

スポンサーリンク

・[外科医ポン・ダルヒ]CAST・

ポン・ダルヒ役 ・・・・・ イ・ヨウォン
アン・ジュングン役 ・・・・・ イ・ボムス
イ・ゴヌク役 ・・・・・ キム・ミンジュン
チョ・ムンギョン役 ・・・・・ オ・ユナ
チョ・アラ役 ・・・・・ チェ・ヨジン
パク・チェボム役 ・・・・・ キム・イングォン

[外科医ポン・ダルヒ]あらすじ

小さな島で保険医として働くポン・ダルヒ。
小児心臓専門医になる夢をかなえるため。

母に内緒で名門・韓国大学病院のレジデント課程に飛び込む。
明るくやる気満々のダルヒだが、最初は要領がつかめず失敗ばかり。


そんなダルヒを慰めるのは、病院を舞台にポン・ダルヒと天才外科医のアン・ジュングン、

外科専門医のイ・ゴヌクが医療現場での患者との心の交流を通じ、医者として、一人の人間として成長していく感動のストーリー。

 引用元BS11                   

全28話

テレビ放送では、1話1時間×28話

大人気のため、2話追加されました。

イ・ヨウォンは、「善徳女王」が大ヒット。今回の、ポン・ダルヒも、大成功を収めました。

[外科医ポン・ダルヒ]レビュー

これは おもしろかった!!

最初2話までは、失敗ばかりします。

アン医師(イ・ボムス)に怒られてばかり。

観ていてもなんだか心配であまり楽しめません。

でもどんどん医師として成長していくところがとっても良かったです。

医療ドラマは大好きです。

テレビで手術の様子を映す番組も大好きです。

難病に苦しむ人たちを助けてくれる様子を見るとほっとします。

もちろん、うまく行かない時もあるでしょう。

でも、なんとかして治してあげようと努力する様子が、ほんとにありがたいです。

医者という職業は、うまく行ってあたりまえ。

失敗したら、訴えられる可能性まであります。

人間だから失敗もするかもしれません。

でも、そんな甘い言葉は通用しない世界です。

このドラマでは、できるだけ血が映ったり、内臓が映ったりしないように配慮されています。

しかし、生生しい手術の場面は映し出されていますし、医療用語を使って医学的な説明もしてくれるので、演じている役者さんが本当の医者のように見えてきます。

外科医ポン・ダルヒの韓国での2007年の放送時間は、ゴールデンタイム。

お茶の間の皆さんに、血みどろな場面は見せられなかったのだと思います。

医療ドラマは、そこんところが難しい。

アメリカ医療ドラマとの違い

アメリカの、「グレイズアナトミー」これは、すごい描写です。

手術の様子をセキララに映し出します。

たぶん豚の内臓だと思われますが、アップで映し出された内臓から血液がドバドバ流れます。

嘔吐の場面は、画面に向かってぶちまける感じです。

アメリカは、こんなのがOKなんでしょうね。

「ER」でも、手術の場面が多く出てきますが、「グレイズアナトミー」ほどしっかりと描きません。

でも、「ER」は、患者が「吐く」場面が多いので、それがちょっと嫌です。

リアリティーはありますが、ちょっと気分が悪くなります。

それより、「外科医ポン・ダルヒ」です。

このドラマは、そんな場面はありません。

安心して、食事しながらでも観れますよ♪

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST