韓国史劇

コ・ス [オクニョ]監督イ・ビョンフン | 男性もハマる時代劇

韓国ドラマ コ・ス オクニョ | ハマること間違いなし

スポンサーリンク

スポンサーリンク

演出:イ・ビョンフン『宮廷女官 チャングムの誓い』

韓国ドラマ コ・ス オクニョ | ハマること間違いなし
韓国ドラマ コ・ス オクニョ | ハマること間違いなし

『トンイ』/チェ・ジョンギュ『華政[ファジョン]』


脚本:チェ・ワンギュ『ホジュン宮廷医官への道』 

制作:MBC 2017年

韓国で2016年4月30日~11月6日まで放送された韓国時代劇で、最高視聴率22.6%(ニールセンコリア調べ)

[オクニョ]キャスト

オクニョ チン・セヨン2011年「私の娘コンニム」

ユン・テウォン コ・ス ドラマ「グリーンローズ」

ミョンジョン ソ・ハジュン

ソン・ジホン チェ・テジュン

全51話

[オクニョ]あらすじ

朝鮮王朝時代16世紀半ば。

刺客に追われた妊婦が監獄に逃げ込みました。

牢屋の中で女の子を生みますが、すぐに他界。

女児は、オクニョと名付けられ、獄中で育てられました。

オクニョには、天性の才能が有りました。

囚人たちから法律を学び、易経などの知識、そして語学まで身に着けました。

成長したオクニョは、母の死のナゾを知りたいと思うようになり、国を揺るがす陰謀に巻き込まれてしまいます。

[オクニョ]レビュー

コ・ス様登場です!

私はこの「オクニョ」はGYAOで1話を観て

「めっちゃおもしろい」と思ってぽすれんで借りようとしたけどまだ新作だったので旧作になるのを待っている間にNHKで放送が始まりました。

だけど、私は、NHKで放送が始まったことも知らずに、旧作になったから借りようとしたらNHKで爆発的に人気になってしまいました。

だから、貸し出し中ばかりで、いまだに借りることができてません。

いつの日にか必ず観たいドラマナンバー1です!

映画ゴールデンスランバーはナンバー2です。

ゴールデンスランバーは日本のやつです。

韓国のはまだレンタルになってないのです・・・・・

韓国ドラマ コ・ス オクニョ | ハマること間違いなし

ところで もうすでに「オクニョ」をご覧になっている方にはわかることでしょうが、明宗の母・文定大妃(ムンジョンテビ)はどのように描かれているのでしょうか?

よもや、いい人に描かれてませんよね?

「朝鮮王朝実録」にも、無理に文定王后が仁宗を呼んで、餅を食べさせる場面が書かれてあるのです。

そのうちチョン・ナンジョンも登場してくるはず・・・・。

早く観たいものです・・・・・・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

オクニョ 人気のすごさ

韓国ドラマ コ・ス オクニョ | ハマること間違いなし

オクニョ~運命の女の原題は(獄中花)・・・こちらの方が内容にぴったりなのでは?

韓国では2016年4月から放送されていました。

1週間に2話ずつの放送です。

いいですよねぇ。

日本ではNHKで日曜日の23時から放送中。2018年

それではオクニョの韓国での最高視聴率はどうでしょうか?終盤 第49話の23,8%です。

オクニョ 第49話と言えば、明宗の異母姉であるオクニョが文定王后によって誘拐され、

あわや粛清の危機に晒され、オクニョを救出するところです。

NHKの現在の視聴率はどうでしょうか?NHKは視聴率を公表していないのでしょうか?

どこにも載っていません???

新聞や雑誌等の記事で取り上げられているいわゆる“視聴率”は、株式会社ビデオリサーチ社が調査しているものですので、NHKからお答えすることはできません。 

引用元NHK放送文化研究所

ビデオリサーチで調べたらわかるかもしれませんが私は力尽きましたので。

きっととても良いのでしょうね。

ちなみに・・。

連続テレビ小説・まんぷく NHK総合 19/2/22(金) 8:00-15 は22.9%でした。

「オクニョ 運命の女(ひと)」は、監獄で生まれ育った天才少女・オクニョを主人公に、日本では余り知られていなかった朝鮮時代の監獄「典獄署(チョノクソ)」や弁護士制度「外知部(ウェジブ)」を舞台にして繰り広げられる痛快サクセスストーリー。

ヒロインのオクニョを演じた若手演技派女優チン・セヨン

韓国ドラマ コ・ス オクニョ | ハマること間違いなし

チン・セヨンさんは「オクニョ 運命の女(ひと)」で2016年MBC演技大賞(特別企画部門) 受賞。

また、2018年3月に韓国で放送された時代劇大作「大君 愛を描く」(原題)でもヒロインに抜擢されその人気と実力ともに認められました。

いま韓国で最も注目されている女優です。


そしてオクニョをめぐる恋愛模様も見どころで、オクニョと様々な難関を乗り越えていくユン・テウォン役を、

日本でも大人気のコ・スが熱演。

その恋のライバルとなるイケメン二人には、チェ・テジュン、ソ・ハジュンといった注目の若手イケメン俳優たちです。

この恋愛模様も気になるのですが、わたしとしてはなんといっても悪女文定王后(ムンジョンテビ)が一番気になります。

もうNHKでは終盤になっていますが、第4話を覚えておられますでしょうか?

第4話の内容は、オクニョが捕盗庁(ポドチョン)の茶母(タモ)の試験に不合格になってしまったところです。

この第4話で登場したいくつかのキーワードが今終盤になって解き明かされているのではないでしょうか?

オクニョの師であるパク・テス(チョン・グァンリョル)がぽつりと漏らした「先代の王・仁宗」。

明からの使臣が口にした「先代王の毒殺説」。

そして、そのことについて話し合うユン・ウォニョン(チョン・ジュノ)と文定王后。

このこととオクニョの母親の死・・・・

オクニョに関しては100話くらい続けてもらいたいですよね?

まだまだ見続けたいドラマです

オクニョ 47話を観終わってのレビューです。(ネタバレ注意)

昨夜47話が終わって次は48話です

すでに終盤 これからです

しかし 全51話です。あと4話です・・・・

これまでのおさらい

1.オクニョの母の死の謎

オクニョの母は刺客に襲われ、逃げ込んだ典獄署(チョノクソ:監獄)でオクニョを産んだ直後に亡くなった。

刺客を放ったのは朝廷の権力者ユン・ウォニョン。

オクニョは形見の指輪をたよりに母の死の謎を追い、先々王の時代に当時行方不明になった女官が関係しているかもと知る。

オクニョの母は宮廷の女官だったのか? なぜ殺されなければならなかったのか?

2.王・明宗(ミョンジョン)VS王の母・文定大妃(ムンジョンテビ)

ミョンジョンは、ムンジョンテビに実権を握られていました。

ムンジョンテビには、ミョンジョンを王座に付けるため、前の王を毒殺したとの疑惑があります。

ミョンジョンは王としての政治を行おうとしますが、そこにムンジョンテビと叔父夫婦が強大な力で朝廷を牛耳るため行く手を阻まれます。

叔父夫婦というのが、ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンです。

悪の夫婦ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョン

権力と資金力に物を言わせ、やりたい放題の大妃の弟ユン・ウォニョンと妻チョン・ナンジョン。

権勢を保ち、敵をつぶすためには手段を選ばない。オクニョの恩師やユン・テウォンの母も2人のせいで命を落とした。

オクニョとユン・テウォンは復讐(ふくしゅう)を誓うが、幾度となく彼女らの身にも危険が及ぶ。

オクニョの頭脳と行動力を駆使した闘いはまだ始まったばかりだ。

オクニョを目の敵にするチョン・ナンジョンの極まった悪役ぶりにも注目!

オクニョを巡る恋の三角関係

オクニョの恋の行方も気になるところ。オクニョが少女のころから側で見守り、助け合ってきたのはユン・テウォン

お互いに恋心があるようなのだが、2人はなんとももどかしい。

そんなとき登場した新たな男性が王、明宗。身分を隠して王の密使を装いオクニョと知り合う。

オクニョと明宗は何度も会ううちに、信頼しあい親しくなっていく。

そんな2人の様子に気が気ではないユン・テウォンは、相手が王とは知らず、明宗をライバル視してオクニョに2度と会うなと言い出す始末。

さて、オクニョは誰と結ばれるのでしょう?        

一番気になるのはやはりどっちと結ばれるのかです。

視聴者にはもうわかっていますが どのようにして結ばれるのかが気になるところです。

そしてウォニョンとチョン・ナンジョンの様々な悪行!許せません!

しかし 最初のころにたしかオクニョはウォニョンの生まれた月日や顔の相をみて

「富と名声を得るがやがてそれも無くなり 滅びていく」

ようなことを言ってました。

史実にもこの二人の末路の悲惨さが残っています。

この二人には6人の子供がいました。

その子供たちのことは史実に残っていなかったので、もしかして子孫が現在にも生きているかもしれませんね

その人たちは、このオクニョを観てどのように感じるのでしょうか?

子孫のためにも私は、悪行を働かないように気をつけようと思います。

チョン・ナンジョンは特別ですが・・・・。

チョン・ナンジョンの最期(ネタバレ注意)

韓国ドラマ コ・ス オクニョ | ハマること間違いなし

昨夜、大人気の「オクニョ~運命の人~」

終了しました。

私の読者、SHIN様からのコメントです。

補足:この記事は、アメブロの日記に書いたため、読者からコメントをいただきました。そのコメントをご本人から承諾を得て引用しています。

何だか最後、ふわぁ~って終わりましたね。


チョットだけ拍子抜けしたと言うかppp
こんな事言うと変だけど。


僕はナンジョンは最初から嫌いだったけどユン・ウォニョンは何か憎めなかったんですよね。


キャラ設定がもっと凶悪だったら良かったのにって思うことも。
テウォンの父と言うのもあって流刑で良いかなってw

超脇役だったけどチョングムが好きでppp
彼女は僕の好きな時代劇
イ・サン チャングム ホジュン
出てたからかな もうインパクト強くてwww

いつもイケズな役だけど何か憎めなかったwww

あとオクニョの師匠パクテス
もしかしたら生きてるのかなって少し期待したんだけどwww

面白かったです^^

ここまでがコメントです。

『オクニョ』を手掛けたのは“韓国時代劇の巨匠”イ・ビョンフン監督です。

監督の作品『チャングム』や『イ・サン』『トンイ』などが日本でも高い人気を得ています。

そして、今回『オクニョ』もその仲間入りを果たし、主人公オクニョを演じたチン・セヨンは日本でファンミーティングを開催するほどの人気者になりました。

イ・ビョンフン監督は、史実を忠実に描きながらも、上手に演出をする天才です。

今回の「オクニョ~運命の人~」もチョン・ナンジョンの最期は史実どおりに撮りました。

実際の史実に書かれているチョン・ナンジョンの最期は文定王后が1565年に世を去ると、ユン・ウォニョン夫婦はアッという間に没落した。

後ろ楯がいなければ、ユン・ウォニョンとユン・ウォニョンはただの悪人夫婦だった。

2人はすぐに王宮から逃げ出しました。

そのまま留まれば、命を奪われるのが目に見えていたからです。

それほど夫婦は怨みを買っていました。


田舎で息を潜めて生活していたユン・ウォニョンとチョン・ナンジョン。

近所に都から使者がやってきたという話を偶然に聞いてしまった。

その使者はただ知人に会うためにやってきただけだったでした。

ほっと、したのもつかの間、

「追手がやってきて殺される」という恐怖心が片時も離れません。

結局 チョン・ナンジョンは服毒自殺をしました。

そして、後を追うように、ナンジョンの墓のまえで、ユン・ウォニョンも服毒自殺をしたと史実に書いてありました。

ドラマの中で、チョン・ナンジョンは最後にいいました。

「文定(ムンジョン)王后の言うとおりにやっただけなのに 私は 悪くないのに」

もちろん文定(ムンジョン)王后は、朝鮮3大悪女よりも、はるかに悪い、悪女の中の女帝であります。

しかし、拒むこともできたであろうし、ムンジョンを後ろ盾にして、やりたい放題やらかしたのは自分なのです。

因果応報 

自業自得です。 

最期の最期まで、どうしようもない女です。

自分の悪行に、自分が殺されたともわからない。

悲劇をとおりこして、喜劇の女です。

しかし、SHIN様がコメントで書かれているように、ユン・ウォニョンは、まだ、なんとなく同情の余地があるかもしれません。

このようにして、史上最悪の夫婦は、まるで因果応報のように絶命しました。

わたしが以前 「朝鮮3大悪女」の記事を書くときに調べた書物でも、チョン・ナンジョンは服毒自殺をしたと書いてありました。

ドラマは、史実に忠実に再現されていたのだと思います。

チャン・ノクスの最期

韓国ドラマ コ・ス オクニョ | ハマること間違いなし

ところで、余談ですが 「朝鮮3大悪女」の一人燕山君から寵愛をうけた チャン・ノクスについて少し・・・・。

クーデターにより王(燕山君)は廃位され、ほどなく病死しました。

チャン・ノクスは斬首刑に処され、民衆は彼女の遺体に石を投げつけた。

この遺体に投げられた石は、山になった程だったそうです。

チャン・ノクスと同じように、チョン・ナンジョンも民の前で、斬首刑にしてほしかったくらいです。

オクニョの師匠パク・テス・・・

私もこのかたは、実は生きていた!

なんて、後半に出てくるのでは?

と期待してました。

実際、パク・テスの最期は劇中では、描かれてなかったので、きっとこれは後半、オクニョが窮地に追いやられたときに出てくるんだろうなとおもってました。

しかし、でてきませんでしたね?

チョン・グァンリョルさんは、なぜ、パク・テスを演じたのでしょう?

パク・テスは重要な役ですが、チョングァンリョルさんほどの大物がなぜ?

と思いました。

あれで簡単に殺されて終わる俳優ではないのです。

だからこそ後半に現れると思ってたのですが ・・・・。

スケジュールの都合かな?

チョン・グァンリョルは数多くの韓国ドラマに出演しており、代表的な出演ドラマだけでも、

「張禧嬪~チャン・ヒビン」(2002年)、

「朱蒙」(05年)、

「王と私」(2007年)、

「ペク・ドンス」(2011年)、

「火の女神ジョンイ」(2013年)、

「テバク」(2016年)等

の歴史ドラマ、

現代ドラマでは

「製パン王キム・タック」(2010年)

を始め、膨大な数に上ります。数々の演技大賞に輝いたカリスマ的名優です。

そして、私の読者のコメントにもどります。

masao様

間にあったよ~

寝てしまっていた。ふと目が覚めて、ブログを見たら、あーオクニョだ!

3分前でした。
走ります。

テレビつけて、字幕やら、音声切り替えやら
トイレ行ったり、忙しく、最初の方は、見てないわ、、、。

本編は、観ました。
kayoyonさんのおかげです。
ありがとうございます。

ここまでです

間に合ってほんと、よかったです。

吹き替えは、あかんね。

韓ドラは、韓国語じゃなかったら、面白さが半減します。

もう一人読者のコメントをご紹介します。

♡maki♡さん

もちろん

見ましたよ~(o^∀^o)
NHKはCMを挟まないから、何だか満足できます(^-^)
次も韓ドラかと思ったけど、違いましたね。残念(^^;

コメントはここまでです

ですよね~

NHKの唯一のいいところ・・・・

CMを挟まないところです。

夫は日曜日の「ワンピース」を観るたびに

「CM多いっ!なんとかしてくれっ!」

って言います。

「ワンピース」は スカパーでもやるので、

スカパーは、休憩の夜景の画面はありますがCMがないのでそちらと比べているのだと思います。

最期にSHIN様がふわ~っとした最終回と言われましたが私も同感です。

ヒロインが王室の人間だったので、仕方なかったのですが最期はやはり ユン・テウォンと結ばれて欲しかったです。

ここの、描写が甘かったのです。

残った人々の、しあわせな日々の描写が抜けているのです。

それは、韓ドラ全体に言えることです。

視聴者は、我慢に我慢を重ねて、修行のような、苦しみを耐え抜いて、最終回までやってきたのです。

しかも 「オクニョ~運命の人~」は 最終回まで 苦しかった・・・・

だからこそ、ほっとするシーン 

胸のすくシーン 

笑えるシーンを 

最後にもっと細かく上手に描き出さなくてはならないと思います。

韓ドラは、とても楽しいのですが、最期ががっかりっというドラマも多いです。

後半は、製作者は、ちからつきてしまうのでしょうか?

実際、最終回が視聴者からの希望で、3話伸びました。

とか、6話伸びました。

など、よく聞きますよね?

ギリギリで撮影している上に、評判がいい理由で延びるというのも、なんと無計画な作り方なんでしょうか?

後半をどれだけ丁寧に描けるか

が、今後の、韓ドラにおける課題だと私は思います。


スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST