市販薬でニキビは治るの?

ニキビに悩んでいる人の中にはニキビ薬を使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ドラッグストアや薬局などではニキビ薬の販売が行われています。

クレアラシルなどはCMなどでも有名なのでご存知の方も多いかもしれませんね。

ニキビの症状を改善したりしてくれる薬ではありますが、誰でも市販のニキビ薬が効果があるとは限りません。

ニキビ薬は人によっては効果がない場合もあり、症状によっては市販の薬では治療できないという場合もありますから、その場合はできるだけ皮膚科で早めに見てもらうということが大切です。

一般的にニキビ薬と一言で言っても、誰にでも合ういうわけではありません。ニキビの肌質も色々と人によっては違っています。

また飲み薬もあれば塗り薬もあります。

ニキビの原因やどれくらいの症状なのかということによってもニキビ薬を選んでいく必要はあるのです。

ニキビ薬を使う場合の症状も人によって違っているのですが、小さめのニキビがポツっとできているくらいなら、まだ市販のニキビ薬を使っても間に合うかもしれません。

しかし、熱をもっていたり、赤くはれているような膿のあるニキビの場合には、市販のニキビ薬を使っても、もうなおらないという場合もあります。

ニキビ薬を選ぶ場合には皮脂を取り除く働きがあるようなものを選ぶようにして、角質もとってくれるようなものなどもいいですね。

また炎症を抑える働きをする薬もありますから自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする