ラブ・コメディー

極主夫道ドラマのあらすじロケ地や感想2話の予告も!

スポンサーリンク

今回は、2020年10月11日スタートの日本テレビ系日曜ドラマ「極主夫道」のドラマのあらすじやロケ地、そして感想、2話の予告まで紹介します。

主役の元極道の専業主夫を演じる玉木宏さんは、日テレ系ドラマ初主演です。

玉木宏さんは、「不死身の龍」と呼ばれる伝説の極道”龍”を演じます。

これだけでも面白そうなドラマですよね?

それからこのドラマのタイトルは「極道主夫」ではなくて、「極主夫道」です。

「極主夫道」が放送された日トレンドになったのが「極道主夫」でした。
まんがを知らない人からすれば、極道の主夫の話だと思ったのだと思います。

本当は、主夫道を極めるという意味なのですが・・・。

おもしろいですよね~♡

それでは早速、あらすじから始めます。

スポンサーリンク

「極主夫道」第1話あらすじ


龍は極道の世界では伝説の男、不死身の龍と呼ばれていました。

なぜなら、敵の組にたった一人で乗り込み壊滅させたことがあったからです。

しかし、龍は美久(川口春奈)との結婚をきっかけに極道から足を洗い、娘の向日葵(白鳥玉季)と平穏に暮らしていました。

結婚する時に、妻の美久とは「二度と人と、もめ事は起こさない」と固く約束しました。

龍の家庭は妻の美久が働き、夫の龍が妻ののために弁当を作り、掃除・洗濯・料理と、すべての家事をしています。

龍は、町内の婦人会にも参加し主婦たちの中にすっかり溶け込んでいます

一方、龍が所属していた天雀会は、ライバルの大城山組により危機に陥っていました。

大城山組の勢力が大きくなり、天雀会に対して従わなければ潰すとプレッシャーをかけています。

龍が抜けた今の天雀会の力では大城山組に勝てそうにありません。

天雀会会長の江口(竹中直人)と、その妻・雲雀(稲森いずみ)は何かにつけて龍を思い出します。

龍の元舎弟・雅(志尊淳)は「組を守るためなら命も惜しくない!」と息巻いてはいますがどうしようもありません。

ある日のことです。

いつものように龍がスーパーから出てくるとそこには、舎弟の雅が待っていました。

雅は龍に組の存続が危ぶまれていると打ち明け、組に戻って欲しいと願い出ます。

しかし、龍は一旦は断るのです。

ある日、龍が交通安全のおじさんをしてると・・・。

「極主夫道」第1話に登場したロケ地

玉木宏さんの「極主夫道」とても面白いですよね?

10月11日放送1話のロケ地を巡ってみますね♡

新鮮市場なかや 座間入谷店 神奈川県座間市入谷西5-3-32
龍が買い物をしていたスーパーブンタです。

引用:http://www.nakaya-shouji.jp/tenpo.html

おいしいのつくりかた 東京都台東区浅草2-6-7(まるごとにっぽん内)
龍と雅が参加していた料理教室はこちらの3階(体験広場)にありますよ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: marugoto.png

引用:https://marugotonippon.com/about/

みのり鮨前の交差点 神奈川県横浜市都筑区荏田東1-16-16

龍が交通安全のおじさんとして旗振り中に大城山組と遭遇した交差点は、みのり鮨前の交差点です。

引用:minorizushi.owst.jp

インペリアルビル  神奈川県横浜市中区山下町25-2

雅が1人でカチコミをかけた大城山組事務所は、このビルの中にあります。

第10吉田ビル 神奈川県横浜市中区長者町9-175

雅がカチコミ後、龍と江口がそれぞれ話をつけに行った大城山組事務所はこのビルです。

引用:www.yoshida-kosan.co.jp

珈琲亭ルアン 東京都大田区大森北1-36-2

江口が龍を呼び出した大前ゆかり(玉城ティナ)がアルバイトをする純喫茶は、ここですよ~♡

Sewing T Factory Nagasaka 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-127 三ツ星ビル1F

龍が訪ねた表向きはテーラー、裏では武器を扱う店Huntsman。

もちろん、ドラマの中だけのお話です。

引用:www.t-nagasaka.com

秋川橋河川公園バーベキューランド  東京都あきる野市留原813

龍が婦人会会長の長女のために誕生会を開いたバーベキュー場です。

「極主夫道」第1話撮影協力は?


エンドロールで流れた「極主夫道」第1話の撮影にロケ地として協力してくれた企業やお店の名前です。

新鮮市場なかや 珈琲亭ルアン 横浜国際プール 吉田興産 みのり鮨
合同会社ハーミットクラブ 株式会社アートワークスラパン
華飾スタジオ 株式会社レントシーバー 麹町ロケーション
あきる野フィルムコミッション まるごとにっぽん STF NAGASAKA

「極主夫道」第1話SNSみなさんの感想

みなさんの感想です。

★龍の見た目がとても怖くてまさかこんなに主夫力が高いと思いませんでした。

ギャップにすっかりハマってしまいました。

明らかに強面の龍にMEGUMIさん演じる婦人会会長とのシーンがツボでした。

★主夫や主婦の私たちにとって、龍が雅に主婦の大変さを披露するシーンがスカッとしました

家事の小ネタがとてもうれしいです。

★天雀会を見捨てたわけじゃない龍の気持ちが良く伝わってきました。

もう一つの家族として、天雀会を守るため大城山組に筋を通しに行くところに男気を感じました。

野生爆弾のくっきーさんが演じる武器屋が面白かったです。

もっと出番を多くしてほしいです。

★娘・向日葵ちゃんは原作には登場しません。

その上龍の実子ではない?

今後、妻の連れ後なのか、養子なのかが明らかにされていくと思います。

まんがのファンにとっては、まったく違う筋書きなので戸惑うと思いますが、私はまんがを読んでないのでとても楽しく観ています。

「極主夫道」第2話の予告

1話は、まるでコントか?と思えるくらい笑いどころ満載でした。

さて、2話はどうなるのでしょうか?

始めのところだけあらすじを紹介します。

龍には、虎二郎(滝藤賢一)と言うライバルがいました。

虎二郎は「剛拳の虎」と呼ばれ恐れられていました。

そして、龍は「不死身の龍」です。

その双璧をなす伝説の極道二人が2話では再開します。

虎二郎は、最近刑務所から出所しました。

しかし、所属していた組は解散してしまったので行き場を失い今は、クレープ屋さんをしています。

そんな虎二郎が龍の前に現れたのです。

そして、会うなり虎二郎は龍にこう言います。

専業主夫? 笑かすなや!!

にらみ合い、火花を散らす二人です。

それを見つめる舎弟の雅は、伝説の極道同士の戦いが始まるのだと胸を躍らせるのでした。

2話では、天雀会がとうとうつぶれてしまいます。

そして、親分の江口は金策に走り、雲雀(稲森いずみ)はスーパーで働き始めます。

一方、龍はダイエットのために火竜町婦人会の会長・田中と一緒にフィットネスクラブの体験入会をするのです。

底には、隣町の水竜町婦人会の会長・山本も来ていました。

この二つの婦人会の争いに龍が巻き込まれていくと言う展開になっていきます。

最後に


今回は、2020年10月11日スタートの日本テレビ系日曜ドラマ「極主夫道」のドラマのあらすじやロケ地、そして感想、2話の予告まで紹介しました。

主役の元極道の専業主夫を演じる玉木宏さんは、日テレ系ドラマ初主演です。

玉木宏さんは、「不死身の龍」と呼ばれる伝説の極道龍を演じとても面白かったですよね?。

脇を固める豪華キャストにもびっくりしました。

中でも、天雀会の親分、江口を演じる竹中直人さんと玉木宏さんの共演はあの「のだめカンタービレ」を思い出し、とてもうれしかったです。

姉さん雲雀を演じる稲森いずみさんが、これまたとてもすてきです。

楽しみが増えましたよね~♪
それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST