韓国史劇

ペ・ヨンジュン主演[大王四神記]

大王四神記

スポンサーリンク

はい!ヨン様です

演出 :キム・ジョンハク 「シンイ-信義-」、 「黎明の瞳」、「砂時計」、「白夜」、「大望」
脚本 :ソン・ジナ  「黎明の瞳」、「砂時計」、 「ヒーラー~最高の恋人~」、 「シンイ-信義-」
出演 :ペ・ヨンジュン

    ムン・ソリ

    イ・ジア

    ユン・テヨン

    パク・サンウォン

これは文句なし!

スポンサーリンク

面白いっ!!

大王四神記

2回観ました

しかも、2回目は GYAOで3話まで観て週に1話ずつ無料で放送してくれるんだから待ってりゃいいのに待てなくてどうしても続きが観たくて残りは DVDレンタルしてみました。

2回目なのに・・・・。

それほど、面白かったです。

[大王四神記]あらすじ

その昔、神がこの地に下りていたと言われる太古の時代から果てしない広大な大地で繰り広げられてきた争いの中で正義と愛故に戦い抜いた人々を描いた一大スペクタクル・時代劇

そして切ない愛の物語…

はるか昔、地上は火の力を持つカジン率いる虎族に支配されていた。

横暴な虎族の支配に心を痛めた神の子桓雄(ファヌン)は地上に降り立ち、人々が平和に暮らす国・チュシン国を創る。

しかし、国を奪われたと感じたカジンはチュシンの民を襲う。

ファヌンは争いをなくすために、カジンから火の力を奪い、熊族の女戦士・セオに与える。

火の力は朱雀となって、セオに宿った。

やがて、ファヌンとセオは恋に落ち、セオはファヌンの子(檀君)を身ごもる。

密かにファヌンに憧れていたカジンはこのことに嫉妬し、セオを襲うが、戦いの中で生まれた子供を守ろうとするあまり、セオは自らの力を制御しきれなくなり、朱雀が暴走を始める。

引用元 大王四神記公式ページより。

[大王四神記]レビュー

大王四神記

ファンタジーです。

まったくのファンタジーです。

とっても楽しく観れます。

神話の時代の描き方もとってもリアルでよかったです。

最近「ハベクの新婦」もたのですが

「ハベクの新婦」にも神の国が出てきます。

あの神の国もよかったです。

うまく映像化してくれてます。

ドラマなのにこの金のつぎ込み方は半端ないっすね。

それから ヨン様はやはりいいっす。

神様の役がぴったり。

普通、他の人がやったら、ちょっとワロテまうくらいのメイクなんです。

笑うどころが後光がさしてる!

なんか拝んでしまいそうになります

やっぱりうまいっ!ヨン様!

なんて、のんきに見てられないのが、このドラマ。

戦いの連続。

周りは、敵ばかりです。

それで、最終回なんですが、なんだかよくわからん。

だから、2回観たのです。

2回観てもよくわからん。

最後は、いったい?

もっと言うなら、キハの女優さん(ムン・ソリ当時33歳)、ちょっとイメージが違ってない?

もうちょっと、やわらか~い感じの女優さんだったら、集中して観れたと思う。

なんか違うな~って感じながら、ラブシーンなんか観るもんだから、感情移入ができなくて、ちょっと残念でした。

調べたところ、やはり、映画では、演技力や表現力でとても認められた女優さん。

だけど、ドラマでは、[大王四神記]の次に、出演した、[ラブリーファミリー]や[青い海の伝説]、[ライフ]でも酷評され、ドラマからは、今、距離をおいているそうです。

ヨン様は実業家!

大王四神記

ヨン様の会社「KEY EAST」の所属タレントに、このドラマにも登場するイ・ヒョヌがいます。

百済のチェチン城で青龍の化身となるチョロ役です。

このドラマには有名な子役がたくさん出てます。

画像引用元アマゾン

タムドクの子役はユ・スンホ。

スジニ役のシム・ウンギョン。

キハの子ども時代はパク・ウンビン

ヨン・ホゲ役のソン・ホヨン

それぞれに名子役!

ユ・スンホさんは、顔を見たら、あ~って思われます。

それほど、有名な俳優になられました。

善徳女王(2009年) キム・チュンチュ(金春秋)役でも活躍。

シム・ウンギョンちゃん

パク・ウンビン

出てらっしゃるらしい。

どこだろう?

見つけてね。

次はソン・ホヨンさん

大きくなったのね。

ミュージカルにも出演されています。

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST