韓国史劇

韓国王朝の内侍に詳しくなるドラマ | 王と私

王と私

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャスト

韓国王朝の内侍に詳しくなるドラマ | 王と私

キム・チョソン(チョンドン) 内侍:オ・マンソク

             「恋するハイエナ」「ブドウ畑のあの男」

ユン・ソファ:ク・ヘソン 「花より男子」「ソドンヨ」

              「19の純情」

9代国王成宗:コ・ジュウォン「復活」「オレの女」

               「噂のチル姫」「鉄の王キム・スロ」

子役:ユ・スンホ「太王四神記」「尊徳女王」「勉強の神」

大王大妃(世祖の王妃):ヤン・ミギョン

             「チャングムの誓い」「がんばれクムスン」

インス大妃:チョン・インファ

              「製パン王キム・タック」「憎くてももう一度」

チョ・チギョム内侍府長:チョン・グァンリョル

チョン・ハンス内侍:アン・ジェモ 「王と妃」

             「朱蒙」「太陽をのみ込め」

オウドン:キム・サラン

              「千年の愛」「ろくでなしの愛」

ソリョン(ノ内膳の養女):チョン・ヘビン

           「オンリーユー」「魔女ユンヒ」

あらすじ

チギョム内侍の裏切りによって、実の父を失ったチョンドンは、
臨月間際で追われる身になった母の逃走中に生まれる。


母は子供を託す形で捨てた後、記憶を亡くし、
やがて夫の敵チギョムの助けをかりオ尚宮となって、
後の成宗の乳母となり、チョンドンは祈祷師ウォラに拾われ育つ。

そしてチョンドンはソファ、後の成宗は身分の差を超えて知り合い、
友情・・愛情を築いていった。

チョンドンはソファに惹かれたが、彼女と成宗が思い人同士だと知ると、
二人の為に身を引き、力になる。

チョギョム内侍の陰謀(未来を案じての)により王が毒殺され、
幼くして成宗は王位に就くと、后としてソファを迎えるよう計らう。

しかし母インスや大王大后らによって、一旦は候補の座から下ろされた。

チョンドンはソファが入廷すると、ソファを思い、守るべく自分自身を
切り落とし内侍となって王に仕える事を決め、そして
ソファは側室として王と結ばれた

引用王と私オフィシャルサイト

レビュー

この自分自身を切り落とし、て ところよっ!

このドラマのキモは。

そうですよね?

内侍になるところを詳細に描いてくれています。

麻酔も何もない時代、貧乏ゆえに内侍になる子供も多かった。

切ったあとは、穴の中に入れられます。

なんで?

破傷風みたいなんに、ならないようにでしょうか?

しかし、チョンドンは恐ろしいほどの愛情を持った男です。

口数は少ないのですが、愛を目で語ってくれます。

最後の最後まで味方でいてくれました。

王様よりこっちのほうにしとけばよかったのに、チョンドンだったらしあわせにしてくれたはずです。

このドラマのすごいところは、もう一つあります。

キャストのすごさです。

見事な配役。

ここまでぴったりな配役はありません。

もんくなしっ!

特にチョン・インファさんのインス大妃!!

綺麗っ!!ゴージャス!

パーフェクトです。

チェ・シラさんのインス大妃はド迫力。

「チュサァァアアアン!!」って声が今でも聞こえます。


スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST