ラブロマンス

韓ドラ・ユイ激やせ近況報告上流社会

韓ドラ ユイ激やせ近況報告 上流社会

スポンサーリンク

2015年SBSの月火ドラマ、全16話

演出 チェ·ヨンフン(「青のピアニスト」「温かい一言」)
脚本 ハ・ミョンヒ(「私たち結婚できるかな?」「温かい一言」)

スポンサーリンク

キャスト

韓ドラ ユイ激やせ近況報告 上流社会

ソンジュン (チェ・ジュンギ役)

ユイ(チャン・ユナ役)

パク·ヒョンシク(ユ・チャンス役)

イム・ジヨン(イ・ジイ役)

イ・サンウ(チャン・ギョンジュン役)


最高視聴率は10.1%

あらすじ

財閥のお嬢様ユナ(ユイ)と貧しい家庭で育ったため、野心家のジュンギ(ソンジュン)とのラブロマンス。

そして、もう一組のカップル。

ジイとチャンス。

ユナは、テジングループの令嬢、チャンスはユミングループの御曹司。

この二人がお見合いをすることになりました。

しかし、ユナは自分の身分を隠してユミングループで働いています。

スーパーのアルバイトです。

ユナは、自分を一人の人間として愛してくれる人を探していました。

そして一方、もう一組のカップルについて・・・ジイとチャンス!

この二人のロマンスも見逃せません


レビュー

この優しくて明るい純粋なジイ役のイム・ジヨンさんはスンホンさんの映画
「人間中毒」でヒロインに抜擢された女優さんです。

主役をぶっちぎる勢いで輝いたのが、このジイとチャンスです!

ユイがなぜか、元気がなかったですね・・・。

役作りに失敗したのでしょうか?

それに比べて、他3名様は、光ってました。

特にジイとチャンスの恋の発展には、ハラハラドキドキ。

16話と短いので、展開が早く、ジイの気持ちは手にとるように伝わります。

しかし、これは 女優さんの演技が上手だからでしょうか?

あとの3名様の、本心がなかなか読めませんでした。

せめてあと、3話くらい増やして、深層心理のようなところをもうちょっと丁寧に描いてほしかったドラマです。

視聴者が置いてきぼりになるほどの、早い展開ですが、とても楽しく視聴できました。

2020年の、ユイの近況です。

韓ドラ ユイ激やせ近況報告 上流社会

ユイは、 アイドルユニット・アフタースクールでボーカルとラップを担当していました。

しかし、2017年に卒業。

それ以来、女優業に専念しています。

8頭身や美脚で羨望の的のユイ。

熱愛報道も多く、東方神起のユンホとも噂されました。

しかし、それはどうやら誤報だったみたいです。

KangNamとの熱愛は本当でしたが、今は、破局しています。

KangNam の本名は滑川康男で、日本出身の日本と韓国のハーフ。

日本と韓国で歌手・タレントとして活動しています。

バラエティー番組で二人は意気投合して、交際スタートをしたけれど2017年には、破局していたとのことです。

現在は、どうなんでしょうか?

仕事は順調のようです、 チャンネルA「リアル乗組員戦記 – 飛行機に乗って行こう」シーズン2に出演中です。

リアルバラエティー番組で飛行機の乗務員を目指して奮闘している様子が描かれているそうです。

一時期、激やせでファンが心配をしていました。

自身のインスタに写真を載せていました。

その顔はしわが目立って、腕はポキッと折れそうな細さ。

所属会社との再契約のことで神経的にまいっていたとの報道もありました。

今は、スレンダーですが、以前のスタイル抜群のユイに戻っています。

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST