韓国史劇

ユチョン裁判2020年近況 |トキメキ☆成均館スキャンダル

トキメキ☆成均館スキャンダル

スポンサーリンク

2010年

トキメキ☆成均館(ソンギュンガン)スキャンダル

スポンサーリンク

キャスト

トキメキ☆成均館スキャンダル

ドラマ初主演 ユチョン

男装のヒロイン パク・ミニョン

プレーボーイ ソン・ジュンギ

陰のある男 ユ・アイン

脚本家キム・テヒ

監督 キム・ウォンソク

レビュー

ユ・アインがとてもいいです。

ユ・アインは、役柄同様、社会への憤りをSNSで発信させています。その背景もあって、このユ・アイン演じるムン・ジェシンのセリフが視聴者のこころに刺さってきます。

男装をして、美男の群れに飛び込むストーリー!

良くありますよね?また、あんな感じかな?と思ったら、違いました。

ラブロマンスと言うよりも、韓国史劇です。

若者ばかりではなく、王様はじめ、お偉方の演技も光っています。

トキメキもありますが、それだけではない、ふか~いドラマ。

ところで、このドラマのヒットで、 ユチョン 以外の3名は、これまで素晴らしい活躍をしています。

ユチョンのこれまでの動向

ただ、 ユチョン は、2016年にカラオケや自宅のトイレで4人の女性を性的暴行をしたとの容疑で提訴されました。

しかし、嫌疑なしの処分。

逆に、ユチョンは、女性を名誉棄損で告訴しました。

そして、その女性も無罪判決となり、2018年に、損害賠償請求訴訟を提起。

この流れで、2020年4月20日ユチョンは、監置裁判が開かれることとなった。

本人は、裁判に出席したけれど、弁護士にも見放されるような事態になってしまったそうです。

この件とは別に、ユチョンは、 2018年9月から3回にわたりヒロポンを購入し、その一部を7回にわけて使用した疑いを受けた。

「もし麻薬をやっていた場合は芸能界を引退する」と、涙ながらにユチョンは緊急記者会見で語りました。

その言葉を、ファンは信じ、励ましの言葉をユチョンにかけ続けてきたのです。

しかし、その後の調査で足の毛からヒロポン成分が検出。

判決は、懲役10カ月、執行猶予2年、追徴金140万ウォン(約14万円)、保護観察と麻薬治療となりました。

ユチョンは、この判決を受けて、深く反省をし、うそを言ったことに対して、責任を取って、芸能界を引退するものだと誰もが思いました。

だけど、ユチョンは、自身のSNSから、海外ファンミーティング開催のニュースをしらせたのです。

さらに、写真集まで発売。

せっかく、トキメキ☆成均館スキャンダルで、初のドラマ出演とは思えないような、落ち着いた演技で、ファンを魅了しておきながら、私生活では、めちゃくちゃです。

ご本人は、芸能生活を続けるお気持ちでしょう。

しかし、私は、ユチョンがもしも、ドラマに出たとしても、感情移入ができないと思うし、俳優としては、難しいと思います。

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST