ヒューマンドラマ

スカイキャッスル最終回に批判の声

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は、韓国で大ヒットしたドラマ「スカイキャッスル」の話題です。

最近、私はドラマ「スカイキャッスル」を完走しました。

この記事では、最終回を観終えた私の感想も交えて、世間のみなさんの最終回に対する感想を紹介します。

実は、タイトルにもあるように、批判の嵐です。

なぜ、あのような最終回になってしまったのか今でも理解に苦しみます。

まだ最後まで観ていない方のために、そしてこれから観る人のためにネタバレは書いていません。

どうぞ、安心して読み進めて行って下さいネ♪

それでは、まいりましょ~。

最初は、ドラマの簡単なあらすじと概要です。

スポンサーリンク

スカイキャッスルのあらすじと概要

「スカイキャッスッル」は、韓国トップの

ソウル大学(S

高麗大学(K)

延世大学(Y)

国内の一流大学に子供を合格させるためのドラマです。

スカイキャッスルという大豪邸に住む、上流階級の野心家な数家族が出てきます。

受験戦争以外にも、成りすましや、自殺、殺人事件まで発生!

ドラマ「スカイキャッスル」は、韓国のケーブルテレビ歴代最高トッケビを抜いて、トップに君臨しました。(調査会社ニールセン・コリア調べ)

アジア各国でファンを増やしています。

20話が最終回になるのですが、当日は、サッカーアジア大会の中継と重なり1週間ずれたのです。

このことで、ドラマ「SKYキャッスル」を放送しているJTBCが、わざわざお詫びのコメントを発表しました。

大人気のサッカーにも関わらずです。

このエピソードだけでも、「スカイキャッスル」の人気度がわかりますネ♪

そんな大人気の「スカイキャッスル」を私も楽しく視聴していました。

そして、最終回を観終えた私の感想は?

「えっ!?????」

クエッションマークがいくつも並びました。

いすから転げ落ちそうなくらいでしたよ~。

SNS上でも、

最終話の撮り直しを希望します」との声が多く挙がっていました。

韓国では、最終回が終了と共に苦情の電話が鳴りやまなかったそうです。

そして、SNSでは批判のワードがトレンド入り。

大騒動になりました。

友人同士の会話や、ご近所同士の会話、社内の話題も「スカイキャッスル」の最終回でもちきりだったそうです。

最終回に疑問や怒りすらおぼえている様子。

韓国語がわからないから苦情の電話しなかったけど、韓国に住んでたら、電話したかも?

なんで?という疑問で頭の中はいっぱいになりました。

それでもなんとか気を取り直して、記事を書いていきます。

最終回には、まったく納得が行きませんが、SKYキャッスルはとても面白いドラマでした。

ドラマのコンセプトは、受験戦争です。

ドラマでは、少々オーバーに描いていると思っている人も多いと聞いています。

しかし、韓国の受験地獄は、あんなもんじゃないと言う人がほとんどです。

では、韓国と日本では、教育機関の仕組みはどのような違いがあるのでしょうか?

又は、同じなのでしょうか?

ここからは、韓国の受験に関する解説をしていきますね。

韓国の教育期間

ドラマ「スカイキャッスル」での受験戦争は韓国の教育システムに問題があると思われます。

まずは、韓国の義務教育はどのようなシステムになっているのでしょうか?

義務教育は日本と同様、中学校までが義務教育です。

公立小学校・中学校は授業料が無償になっています。

期間も日本と同じ小学校六年間、中学校三年間です。

その後、高校、大学へと進学します。

韓国の英語の授業は、公立では、小学3年生から始まります。

私立では、小学1年生からです。

日本のように、高校入試はありません

有名大学進学に有利な高校に行くために、家族全員でその学区に引っ越しをしたりする家族も多いそうです。

だから、大学受験だけに集中するため、受験戦争とは大学受験の1回だけになります。

今の、世論では、「受験戦争の勝者こそ人生の勝ち組に入れる」と言われています。

日本では、大学への進学率は61%です。

ところが韓国では、98%が大学に進学します。

大学に行かないものは、社会の落ちこぼれとして、一生辛い思いをすると言われているのです。

日本のように、大学に行かなくても、社会で成功することは可能だという考え方は、一切ありません。

人生は、大学で決まる。とされているのです。

そのため、学校も夜中の12時まで開放されています。

教師も、なんとか良い大学に入って欲しい一心で、献身的に生徒に尽くしてくれるのです。

これで、一生が決まるので、受験生の周りは、大変なんですね~。

日本では、センター試験といいますよね。

スヌン(大学受験)当日の韓国

韓国では、大学受験のことをスヌンといいます。

この日は国をあげて、受験生を応援します。

あなたは、ニュースで見たことありませんか?

当日あいにく雪が降って、遅刻しそうな受験生をパトカーが試験場まで送っていく場面。

交通渋滞が慢性化しているソウルは、当日のその時間帯は、企業は始業時間をずらして、交通渋滞を解消できるように工夫してくれたりします。

そして、カンニング防止のために、警察官が教室で見張りをしたりします。

リスニングの時間は、ヘリを飛ばさないようにお達しがでるそうです。

「スカイキャッスル」最終回を観たみなさんの声

https://twitter.com/saana_dale/status/1262027990021492736?s=20
https://twitter.com/Eunbi_nuna/status/1281212732168011777?s=20

最後に

https://twitter.com/namkatsu0208/status/1186479765219237888?s=20

今回は、韓国ドラマ「スカイキャッスル」の最終回に関する話題でした。

最終回があまりにも「???」すぎて、批判が殺到しました。

韓国では、大騒動になったということも紹介しましたよ~♪

本音を言うと、最終回だけ、もう一度撮りなおしてほしいです。

それほど、「スカイキャッスル」の最終回には納得がいきません。

韓国ドラマは、最終回があまりにもイケてません。

脚本も問題ですが、シーズンが続く場合は、最終回で新たなる問題が持ち上がりますよね?

その後、数年待たされる視聴者の身にもなって欲しいです。

それでは、最後までお読みくださりありがとうございました。

まるで塾の自習室みたい【受験生が集中できるデスク】

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST