ラブ・コメディー

コンビニのセッピョルシーズン2放送確定?いつから?

コンビニのセッピョル盗作疑惑?

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は、韓国ドラマ「コンビニのセッピョル」のシーズン2の制作が確定したかどうかを検証していきます。

これは、ELLEシンガポール10月号で、イ・ミョンウ監督が明かした内容です。

本当だったらとてもうれしいですよね?

それでは、早速まいりましょう~♪

スポンサーリンク

コンビニのセッピョルシーズン2の予定は?

引用:ELLEシンガポール10月号コンビニのセッピョル設営風景

イ・ミョンウ監督は、このように明かされています。

テウォンエンターテインメントはシーズン2を準備しています。Webtoonアーティストとシリーズの脚本家のコラボレーションが必要です。シーズン1とは異なり、純粋に作成する必要があるため、作家はさらに多くの作業を行う必要があります。

そして、テウォンエンターテインメントのCEOであるプロデューサーチョン・テウォンさんのコメントは?

シーズンを増やす予定です。作家、監督、俳優だけでなく、原作のWebtoonのアーティストHwalhwasanとの予備的な話し合いを行い、さらに制作を進めました。ストーリーについてはまだ作業中であり、今秋にはファルファサンとソングンジュとの作業を開始する予定です。

ドラマ「コンビニのセッピョル」は、韓国で2020年6月にSBSから放送されました。

韓国では初めての試みとして、グローバル放送局のA + Eネットワークから投資を受け制作されたドラマです。

A + Eネットワークは、ライフタイムを所有するグローバルな放送局なので、アジア全体にリアルタイムで配信されたのです。

しかし、残念なことに中国と日本にはA + Eネットワークの放送局からの配信はありませんでした。

A&Eの子会社は、韓国ではライフタイムで、日本ではヒストリーになります。

中国放送はジュライテレビです。

日本では、U-NEXTが放送権を手に入れたことで、私たちはU-NEXTからの配信を楽しみにしていましたが、結局は2020年10月の時点でもU-NEXTからの配信はありません。

どのような流れかはわかりませんが、結局日本で初めての動画配信は、2020年11月からスカパー+衛星劇場からの配信になりました。

アジアで配信された国は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムです。

コンビニのセッピョル2放送はいつから?

それでは、コンビニのセッピョルの放送はいつからになるのでしょうか?

現在、チ・チャンウクさんは新しいドラマ「都市男女の恋愛法」の撮影に入っています。

ドラマ「都市男女の恋愛法」は、2020年年末から放送開始になります。

カカオTVから放送の為、1話約25分で、12話で構成されています。

1話25分とは、短いですよね?

次に、「コンビニのセッピョル」の撮影が開始されるなら2021年の春ごろには放送される可能性があります。

「賢い医師生活」では、最初から4~5シーズンまでの契約を俳優と交わす方法が取られました。

それから、日本の「キングダム」実写版の映画でも、シーズン1の契約時に4までの継続を約束し、現在(2020年10月時点)シーズン2の撮影中ですが、3と4も同時に撮影をしています。

アメリカでは、ドラマがヒットすればシーズンがずっと続きます。

グレイスアナトミーは2005年に放送開始され、2020年の今でも続いています。

韓国でもこれに習って、シーズンを増やす方向に進んでいるようです。

「コンビニのセッピョル」は、あの続きで始まるのかどうかは不明です。

そして、「ボイス~112の奇跡~」のように主演が変わる可能性もあります。

1の主演チャン・ヒョクさんから「ボイス2」では、イ・ジヌクさんに変わりました。

出来れば、同じキャストでやって欲しいですよね~♡

最後に

引用:ELLEシンガポール10月号とメッセージ

今回は、「コンビニのセッピョル」シーズン2の話題でした。

来年の春ごろにシーズン2が放送されるのではないかな?と予想しましたが、どうでしょうか?

チ・チャンウクさんが続投されれば良いのですが、もしかしたら別の俳優さんに変更されるかもしれません。

日本では、まだ動画配信がされていないのが現状です。(2020年10月現在)

早く観たいですよね~♪

最後まで、読んでくださりありがとうございました。

チ・チャンウクさんの次のドラマの話題です。

良かったら読んでください。

チ・チャンウク主演「都市男女の恋愛法」年末から放送スタート

コンビニのセッピョルがスカパーで無料配信されます

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST