ラブロマンス

【2020年韓ドラ】PPLとは?イ・ミンホさん主演ザ・キングが批判の的に

【韓国ドラマのCM】お店の名前や商品名がアップになる訳

スポンサーリンク

スポンサーリンク

韓国ドラマの間接広告

韓国ドラマには、間接広告が多く出てくることで、最近は、批判を浴びています。

間接広告とは、ドラマの中でスポンサーの商品を大きく映し出すことです。

間接広告は、PPLと呼ばれています。

PPLとは「Product placement」の略。

【韓国ドラマのCM】PPLを入れる理由

【韓国ドラマのCM】PPLとは?店名や商品名がアップになる訳

韓国では、1974年から放送法でドラマやバラエティーの途中でCMを放送することが禁じられていました。

だから、韓国のドラマやバラエティーでは、番組の前後にスポンサーのCMがまとめて放送されています。

韓国の放送通信委員会(KCC)は2019年11月9日に、放送法で禁止されている地上放送の番組途中のCM「中間広告」を解禁する方針を、明らかにしました。

現在、2020年8月10日です。ミニドラマという形で、「コンビニのセッピョル」は、前半と後半で別れる構成に変わってきました。

しかし、PPLは減ることはありません。

むしろ、増えてきています。

2005年くらいからでしょうか?PPLが目立ち始めてきました。

今では、PPLがないドラマを探す方が難しいくらいです。

【韓国ドラマのCM】PPL入れすぎで批判殺到

【2020年韓ドラ】PPLとは?イ・ミンホさん主演ザ・キングが批判の的に

イ・ミンホ主演の「ザ・キング」は、ひどく叩かれました。

「ザ・キング」は、ストーリーの内容が難解なのに、急に関係ない商品がアップになり商品名を主人公がセリフの中で言ったりしました。

すると、視聴者は、ストーリーに関係あるのかな?と思います。ところが全く関係なかったりして、ますます混乱。

ザ・キングの主役は、イ・ミンホが演じる大韓帝国の皇帝イ・ゴン。

イ・ゴンは、2つの異なる平行世界(大韓民国と大韓帝国)を行き来する事ができる設定です。大韓帝国から来たイ・ゴンは、大韓民国で、色々な始めてみる商品を手に取りその商品について語ります。

例えば、コーヒーを飲んで「最初の味は豊かで、後味はすっきり。大韓民国ではこれが市販されているのか?」と話します。

そして、そのコーヒーがアップで数秒映る。

このシーンは、8話。

視聴者から、反感を買ってしまいました。

放送局に批判の電話が多数かかって来たり、SNSでもザ・キングのPPLがトレンドになったりしたのです。

ザ・キングを見る人の頭を混乱させる原因は、2つのよく似た世界を行き来するドラマなので、ときどき、どっちの世界に居るのかわからなくなることです。

そんな時に限って変なPPLが入るので、何度も離脱しかける人もいました。

実際、SNSを見ていると途中でドラマを観るのを辞める人が大勢いました。

でも、イ・ミンホが白馬に乗って現れたり、ヒロインとのロマンスがとても素敵だったので、PPLなんか気にしないで視聴される人もたくさんいたはずです。

イ・ミンホ主演[ザ・キング]シーズン2はあるの?

【韓国ドラマのCM】PPL成功例

【韓国ドラマのCM】PPLとは?店名や商品名がアップになる訳

PPLの使い方が上手で有名なドラマは、「星から来たあなた」です。

「星から来たあなた」は、主役のチョン・ジヒョンが、自宅で肌のお手入れをするときに、コスメブランド「ハンユル」というブランドの商品を使います。

時間をかけて丁寧に顔に塗り、商品もアップで映し出されます。

視聴者は、このブランドの化粧品を使えばチョン・ジヒョンみたいなきれいな肌になれるのだと思って、その商品が大ヒット。

ネットで手に入るので、世界中で大変な売れ行きだったそうです。

他にも、JIMMY CHOO(ジミーチュウ)の靴。定価64000円。この放送後、アジア各地で完売しました。

「愛の不時着」でも、PPLは、大成功!

主役二人が使うもの、手に取るもの、着ている服、全てが売れました。

ヒロイン、ユン・セリのスーパーブランドの洋服もPPLです。

ヒロインは、超セレブなので、着ている服は、高級な洋服ばかりです。

でも、セレブのユン・セリは、2万円くらいのスワロフスキーのピアスを常につけていました。

結果的に、スワロフスキーのピアスは、爆買いされたのです。

でも、よく考えるとなぜ、スワロフスキー?って思いませんか?

シャネルで、全身を装っているのに、なぜ、ピアスだけスワロフスキー?

もちろん、スポンサーがスワロフスキーだからです。

スワロフスキーが悪いわけでは、ありません。

セレブが全身高級なアイテムで全身を着飾るより、1点だけでも、こんなふうに外してくるのもおしゃれのテクニックです。

その他、顔のパックや、キャンドルもバカ売れです。

ほんの数秒映った商品が次の日から、手に入りにくくなる現象が起こりました。

[愛の不時着]韓ドラにアクセサリーなどの間接広告が多い理由

そして、【トッケビ~君がくれた愛しい日々】

【トッケビ~君がくれた愛しい日々】でもPPLがありました。

それは、subway。

サンドイッチチェーン店のsubwayで、主人公がサンドイッチを食べるシーンが何度も出てきました。

「シグナル」でも登場人物は、何度もサブウェイに集まるのです。

さすがに、キム・ヘスさんは、subwayにいきませんでした。

しかし、ある回で、ヒロインのキム・ヘスの家にsubwayの出前が来たときは、笑ってしまいました。

韓国ドラマでは、subwayの他にも、チキン店、カフェ、焼肉屋、アパレル、ソルロンタン店等、すべてがPPLです。

ソルロンタン店は、ご存じ「華麗なる遺産」です。主人公のイ・スンギがソルロンタン店の御曹司だったので、とてもわかりやすいPPLでした。

【韓国ドラマのCM】制作側の事情

【韓国ドラマのCM】PPLとは?店名や商品名がアップになる訳

このPPLのお値段は、1社につき約一千万円前後。ドラマにもよりますが、これくらい支払っても、ドラマで商品が映し出されることで、完売したり、知名度が上がったりするので、PPLは、とても企業には人気がある宣伝方法です。

しかし、ドラマ制作側からすれば、ドラマとは関係ないPPLが入ってくることで、視聴者を混乱させるためほんとは使いたくないのが本音かもしれません。

ストーリー的には、ない方がいいですよね。

ザ・キングは、PPLで視聴者から批判を浴びました。

そのため、イ・ミンホというビックスターを起用したにも関わらず、視聴率は低迷だったので残念です。

【韓国ドラマのCM】制作側の苦労

だけど、制作者側にも事情があるのです。

ザ・キングの製作費は、32億円。

日本では、ドラマの始まりと15分おきにCMが流れますよね?しかし、韓国では、ドラマの最初と最後だけにCMは流れます。

そのため、CMをドラマの中に入れ込むことで、視聴者に協賛してくれている企業の商品をアピールする事情があるのです。

使わざるを得ない事情がドラマ製作者側には、あります。

特に、俳優のギャラと脚本家への報酬が高額になってきていることも原因です。

ギャラと脚本の報酬は合わせて、製作費の60%~70%を占めます。

そして、最近の韓国ドラマは、特殊な技術を要するシーンが多いので、セットや、編集にかける費用も馬鹿になりません。

そのため、PPLの他にも、海外への版権を、ドラマ放送前に売ると言う方法も使われています。

今や、韓国ドラマは、世界中で大人気です。

だから、ドラマの新作が出来れば、世界の配信会社に版権を売り込むのです。

ところで、「コンビニのセッピョル」は、コンビニが舞台。

もう、小細工などしません。おおっぴらに「コンビニ全部をどーんと映しちゃえっ!」て、感じです。

とても自然にコンビニの商品も映りこみ、大成功でした。

もちろん、視聴者からの批判などありません。

身近なコンビニが恋の舞台になっているので、新鮮で斬新な演出に大好評でした。

[コンビニのセッピョル]の視聴率は?同時間帯何位?

【韓国ドラマ】タブー

【韓国ドラマのCM】PPLとは?店名や商品名がアップになる訳

韓国ドラマでは、ストーリーに入り込んでくるCMがあることをお伝えしました。

この場合は、商品のことを俳優がセリフで説明したり、商品をアップで数秒映し出したりしました。

逆に、スポンサー以外の商品は、あからさまに消されたり、ぼかしを入れたりします。

キャラクターのTシャツは、ぼかしが入っています。

車のエンブレムは、布でおおっています。

視聴者は、不自然な画面に目が行って、ストーリーが頭に入ってきませんよね?

決して、スポンサー以外の商品や商品名を映してはいけないというキマリがあるから仕方のないことなんですが。

その他に、韓国ドラマでは、このようなキマリがあります。

1.喫煙のシーン

2.刃物を映すときは、ぼかすこと。

3.暴言で言ってはいけない言葉がある。

【ドラマのCM】韓国と日本の違い

【韓国ドラマのCM】PPLとは?店名や商品名がアップになる訳

このような、タブーは、日本の放送法でもあります。

日本放送協会(NHK)、日本民間放送連盟(民放連)、民放連加盟放送局で構成された民間放送連盟も設立され、とても厳しく規制されているんです。

だけど、CMに関しては、韓国の方が視聴者の事を大切にしていると思います。

なぜなら、日本は、ドラマの間にCMを挟んでくる。

100歩譲って、それは、我慢できるのです。

でも、CMが終わって、ドラマに戻ったら、ちょっと前のところから始まります。

同じ場面をまた、見ないといけません。

バラエティーは、特にこれが多い!

もう、ここ観たのに、また?って、感じで、視聴者は、うんざりなんです。

【韓国ドラマ】制作現状

韓国では、ドラマの間にCMがないので、日本のようにCM開けに、CM前の映像を繰り返し視聴者が見なくても済みます。

だけど、ドラマで回想シーンが多かったり、前回のエンディング部分を長長とドラマのオープニングで見せられたりするドラマもあります。

韓国のドラマ制作は、時間との勝負だと聞いています。週2回放送されるので、脚本が間に合わないときもあるとか?

時間が無いことで「放送事故」に繋がったドラマもあります。

何分間で何話が?どんな放送事故イ・スンギ除隊後初主演 | 花遊記(ファユギ)

これを教訓にして、最近では、韓国ドラマでは、事前制作が主流になってきました。

作りながら放送するのじゃなくて、事前に制作を完了してしまうやり方です。

ただ、このやり方は、賛否両論あります。

韓国の視聴者は、ドラマを観ながら、テレビ局に電話をかけてくるのです。

「ヒロインを死なせないでくれ。」

「悪役が気に入らない。」

韓国の視聴者は、どんどん参加してきます。

このため、途中から、俳優さんがドラマから急に消えたりすることも良くありました。

視聴者から嫌われてしまったからです。

「朱蒙」は、大人気で、60話で完結する予定が、視聴者の要望で81話に延長になりました。

朝鮮民族統一国家<チュモン ><風の国>声優がひどい

【韓国ドラマ】これから

【韓国ドラマのCM】PPLとは?店名や商品名がアップになる訳

今後も、PPLは、頻繁にドラマのストーリーの中に入り込んでくるはず。

ドラマの製作費が高騰している昨今、PPL(間接広告)をどれだけさりげなく使うか、または、初めから露骨に使ってしまうかが、韓国ドラマの大きな課題になってくると思います。

韓国は、エンターテイメントを国民が支えています。今、世界中で韓国ドラマが大人気なのは、国民が熱狂的に支持しているからです。

韓国ドラマを一番愛してるのは、韓国人です。

ところで、日本と韓国は、国同士は、あまり仲がよくありません。

なのに、韓国の俳優にキャーキャー言ってる私たちの事を冷ややかな目で見ている人もいるでしょう。

国とそこに住む人は、別です。国が嫌いだかといって、国民や、文化まで嫌いになる必要はないのでは?

韓国をあまり良く思っていない方は、韓国という国に住む人たちの事をもっと見てください。

その一つの方法として、韓国ドラマがあります。

韓国の人も私たちと同じ人間です。

毎日、幸せになろうと頑張って生きています。ドラマでは、反日のシーンがよく描かれています。

それは、韓国の率直な気持ちなんだと受け止めています。

反論したい人は、そのドラマを観ません。

だけど、同じ人間として、エンターテイメントを通じて、これからも仲良くしていきたいと望みます。

ーーーーー

スポンサーのコンビニをそのまま舞台にしたドラマ【コンビニのセッピョル】の視聴率はどうだったのでしょうか?

チ・チャンウクのデビュー映画から「奇皇后」主演まで

チ・チャンウク出演ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」から「コンビニのセッピョル」まで

[コンビニのセッピョル]U-NEXTで日本放送いつから?料金は?

チ・チャンウク次回作前向きに検討中「都市男女の恋愛法」

コンビニのセッピョル第1話の視聴率は?

ウジ虫のグロテスクな場面に注意[賢い医師生活]

イ・ミンホ主演ドラマおすすめ3選「青い海の伝説」「相続者たち」「花より男子」

2020年新韓ドラ四天王のひとりイ・ミンホ出演ドラマランキング

韓ドラファンあるある | ドラマを観ている方のあるある

韓ドラファンはあまり深く追求しませんなぜなら面白いから

【韓ドラファンあるある】主役を光らせる助演の力

韓ドラファンのあるある悪役にビビる

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST