サスペンス

映画「スパイの妻」NHKドラマと劇場版の違い!あらすじ、ネタバレ

スポンサーリンク

この記事では、2020年10月16日に映画が公開された「スパイの妻」と2020年6月「NHK BS8K」で放送されたドラマ「スパイの妻」の比較をしていきます。

ドラマと劇場版ではどれくらい違いがあるのでしょうか?

映画のあらすじをネタバレありでチェックしながら解説します。

監督は黒沢清さんで、蒼井優さん、高橋一生さんのお二人と言う豪華キャストで超話題になっています。

ジャンルはラブロマンスですが、サスペンスの要素もたっぷりと盛り込まれているので観る人を飽きさせません。

それでは、「スパイの妻」劇場版とNHKドラマの比較をネタバレありのあらすじを説明しながら解説していきます。

ネタバレを読みたくない方は、もくじの02映画「スパイの妻」あらすじ、ネタバレなしをタップ(クリック)してくださいネ♪

スポンサーリンク

NHKドラマ版と映画版の違いは?

クライマックスのネタバレがここから書かれています

ネタバレを読みたくない方は、もくじの02にアクセスしてください

劇場場と2020年6月「NHK BS8K」ドラマ版の違いを検証する記事と申しましたが、結論を言いますと両方同じ内容になっています。

クライマックスぎりぎりのところから解説をはじめますネ。

1940年草壁は軍に居場所がバレてしまいます。

草壁とは、草壁弘子という名前で優作と深い縁のある女性です。

ついに逮捕されそうになった時、優作は知り合いの医師に身寄りのない女の死体を使い草壁が死んだと偽装してもらうのでした。

草壁に恩義を感じた優作はイギリスのスパイになることを決めます。

聡子には、詳しいことは話しませんでした。

そして、聡子一人を日本に残してきたのです。

そして4年後、聡子は優作の子・八重子を育てていました。

優作と別れの日に授かった娘です。

世間では聡子のことを「スパイの妻」と陰口を言っていることも承知で耐えています。

ある日聡子は、医師から「優作は聡子を捨てて行ったわけではない」と聞かされました。

そんな時、空爆で医師は亡くなり、聡子も死を覚悟しました。

その時、津森が助けてくれました。

その後戦争が終わり、聡子は津森と再婚し八重子と3人で平穏に暮らすのでした。

時代は、令和2年になり聡子と優作の娘八重子は75才になっていました。

八重子が自宅を息子家族と共に掃除していたとき、フイルムと映写機を見つけます。

長年暮らした自宅を引き払おうとして、掃除をしていたのでした。

フイルムには、「スパイの女」と書かれています。

不安に想いながらもみんなでフイルムを上映するとオープンカーに乗ったりして明るくわらう母の姿が写っていました。

八重子にとっては、母のこのような幸せそうな笑顔を見るのは初めてでした。

そして実の父親の顔を始めて見た八重子は涙を見せるのでした。

両親が、愛し合っていることが良く解る映像に涙を流し続ける八重子。

ここでエンディングです。

NHKのドラマで「スパイの妻」をご覧になった方は、ぜひ大きなスクリーンで観て下さい。

キャストもストーリーも同じですが、また新たなる気づきがあると思います。

どうぞお楽しみに~♪

映画「スパイの妻」あらすじ、ネタバレなし

ここからは、ネタバレがありません。

「スパイの妻」のキャストと最初の一部分だけ書いていきます。

どうぞ、安心してお読みください。

蒼井優(福原聡子)

→優作の妻。とても幸せで満ち足りた生活を送っています。

髙橋一生(福原優作)

→貿易会社、福原物産の社長。国家機密を目撃したことでスパイ容疑をかけられてしまいます。

坂東龍汰(竹下文雄)

→優作の甥。とても頭が良く福原物産で働いているが、対人関係が苦手です。

恒松祐里(絢子)

→神戸の山奥、有馬旅館「たちばな」の中居。

満州から優作に連れて帰ってきてもらうのだが、遺体となって発見されます。

東出昌大(津森泰治)

→聡子の幼馴染で、聡子にずっと思いを寄せています。

職業は、神戸憲兵分隊本部・分隊長。

時は、1940年で、場所は兵庫県神戸市から物語は始まります。

主人公福原優作は神戸の貿易会社・福原物産の社長でした。

ある日、甥の竹下文雄と一緒に満州に仕事で行ったとき、恐ろしい国家機密を目撃してしまいます。

優作は、命からがら日本に帰国しました。

妻の聡子は、無事に夫が帰宅したことを心から喜びます。

喜んでいる所に聡子は、幼馴染の津森に呼び出され、津森から「草壁弘子という有馬温泉の中居を優作が満州から連れて帰って来た」ことを明かされます。

そして、その女性がなんと遺体で発見されたと津森は聡子に告げました

それを聞いた聡子は、優作の浮気を疑うのでした。

ここから聡子は優作の行動を調べ始めます。

調べていく内に聡子も優作が満州でみた国家機密を知ってしまうのです。

自分も国家機密を知ってしまった以上は、自分は「スパイの妻」だと自覚し、夫にも「自分はスパイの妻だから、包み隠さず全部話してほしい」と詰め寄ります。

劇場版「スパイの妻」概要

 

タイトル:スパイの妻

原題なし

製作年:2020年

日本公開日:2020年10月16日(金)

上映時間:115分

ジャンル:ラブストーリーサスペンス

監督:黒沢清

脚本:濱口竜介
野原位
黒沢清

製作:山本晃久

製作総指揮:篠原圭
土橋圭介
澤田隆司
岡本英之
高田聡
久保田修

2020年6月「NHK BS8K」にて放送されたドラマ「スパイの妻」をスクリーンサイズや色調を変え劇場版で公開することに。

劇場版「スパイの妻」は、「第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門」や「第68回サン・セバスチャン国際映画祭パールズ部門」に正式出品されています。

海外でも注目されている本作は黒沢清監督はじめ、蒼井優さん、高橋一生さん、東出昌大さん、坂東龍汰さんら豪華なキャストが集結し、太平洋戦争前夜、神戸を舞台に夫婦の壮大な愛が描かれています。

世界中から高い評価を受けている黒沢清監督作品

2020年6月に「NHK BS8K」にて放送されたドラマ「スパイの妻」は、太平洋戦争前夜の激動の時代を生きた愛と正義に揺れる夫婦のラブロマンスです。

2020年10月16日に劇場で公開することになり、スクリーンサイズと色調を変え海外の「第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門」や「第68回サン・セバスチャン国際映画祭パールズ部門」に出品されます。

監督は、「第54回カンヌ国際映画祭・国際批評家連盟賞」や「第8回ローマ映画祭・最優秀監督賞」などの賞を受賞しており、高い評価を受けている黒沢清監督です。

【まとめ】

今回は10月19日に映画が公開された「スパイの妻」と2020年6月「NHK BS8K」で放送されたドラマ「スパイの妻」の比較をしました。

ドラマと劇場版ではどれくらい違いがあるのかと思ったら、スクリーンサイズと色調を変えただけでした。

映画のあらすじをネタバレありで書いていきましたが恐ろしい内容でしたね。

監督は黒沢清さんです。

蒼井優さん、高橋一生さんのお二人そして、東出昌大さん、坂東龍汰さんら豪華キャストで超話題になっています。

ジャンルはラブロマンスですが、サスペンスの要素もたっぷりと盛り込まれ太平洋戦争前夜の様子を壮大なスケールで描いていました。

ドラマを観た方も、ぜひ大きなスクリーンで優作と聡子の大きな愛を感じ取って下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

日本ブログ村に参加しています♡

RELATED POST